引越しの距離と人数での料金の違い

近距離の引っ越しを安くするには?

引越しをする場合、荷物の量やエレベーターの有無、追加サービスによって料金が変わってきます。

少しでも安い引越しをしたい場合、便利屋を利用する方法があります。その方法を利用する事によって大きな荷物だけ運んでくれます。その時に注意をしなければならない点としまして、かなり大きな荷物の場合はトラックの容量がオーバーしてしまうため運べない可能性があったり、荷物が破損した時には賠償金を請求できるかが不透明な事です。そのため、便利屋を利用する場合には必ず一度見に来てもらい、保証の事も聞いておく必要があります。

2ht7

また、一部の業者では家具や大型電化製品だけ運んでくれるサービスもあります。条件としまして、同じ町内へ引っ越すことです。そのサービスを利用する事によってダンボールに入る物に関しましては自分自身で所有している自動車やレンタカーで少しずつ荷物を運び、一人では難しい荷物に関しましては引越し業者にお願いをする方法もあります。

もう一つ方法としまして、午後から引越しを開始する方法です。人間の心理としまして、午前中に引越しを済ませた方があとが楽になるため値段が高く設定されています。そのため、午後から引越しを開始する事によって料金を安くする事ができますので、時間に余裕のある人は午後から引越しを開始する事によって安い引越しができます。注意をしなければならない点としまして、繁忙期に利用しますと開始が夕方になる可能性があるため、閑散期の時に利用したほうが無難です。

このように運ぶ荷物を少しでも自分自身で運ぶなど工夫をする事によって安い引越しができるのであると言えます。

長距離の引っ越しを安く済ますには?

引越しをする距離が長いと値段が高くなってしまいますが、安くする方法がいくつかあります。

まずは引越し業者に連絡をして、所有しているトラックの空いているスペースを利用して他人の荷物と一緒に運んでもらう方法です。到着する日や時間が指定でないなどのデメリットはありますが、どこの引越し業者でもお得な値段になっているため安い引越しができます。ただし、荷物が他の人と一緒に運んでもらうためなくなる可能性があります。そのため引越し業者が加入している保険の事や、自分自身の荷物をハークしておく必要があります。

次に引越し業者がある会社に帰る時に利用する方法です。引越し業者が所有しているトラックが作業を終わって帰る途中に来てもらい、荷物を積んで帰ってもらい、荷物を新居で下ろしてもらう方法です。業者にとってメリットがあるため、安い引越しができますが、スケジュールを合わせなければならないため、時間に余裕がある人には最適なプランです。

次にコンテナ便を利用する方法です。これを利用する方法とは、荷物をトラックに入れたあとに貨物列車に荷物を移し替えてもらったあと、現地の最寄りの貨物列車専用の駅まで運んでもらいます。そのあと再びトラックに移し替えたあと、現地で荷物を下ろす方法です。ほとんどの距離が貨物列車を使用するため、ガソリン代や高速道路を通った時の料金、人件費を抑えることができるため安い引越しができますが、日数がかなりかかるのがデメリットなプランです。

このようにプランによっては安い引越しができる時があると言えます。

単身一人暮らし

t04

単身世帯が増えている日本では、引越しをする時のプランの中でも単身専用のプランも充実してきています。

どのようなプランがあるかと言いますと、現在ではどこの業者も行っている単身プランと言う荷物の量が少ない人に向いているプランです。引越し業者が用意をしているボックスの中に荷物を入れることができる定額のプランです。そのため安い引越しができるだけでなく、引越し業者が加入している保険がついてくるため、万が一荷物を紛失してしまったなどのトラブルが発生した時には補償を受ける事ができるプランです。

次に家具運搬サービスです。このプランは、冷蔵庫や洗濯機などの家電製品や家具など大きな荷物に関しましては引越し業者が運んでくれますが、その他の荷物に関しましては自分で運ばなければならないプランです。

次に学割プランです。このプランは大学や専門学校などに進学する人に設定されているプランです。注意をしなければならない点としまして、料金が最安値でない確率がある事です。そのため、他のプラント照らし合わせながら決める事によって安い引越しができます。

次にフリー便です。引越し業者が所有しているトラックの都合に合わせなければならないため、設定料金が安いのが魅力です。そのため、夜遅くに引越しを開始することがありますので荷物の少ない人に適しているプランです。

最後に単身の女性専用のプランです。引越しの荷造りや運搬を全て女性が行ってくれるため、女性にとっては安心してお願いをする事ができるプランです。

このように日本の引越し業界は、単身世帯が増えているため色々な単身専用のプランがあると言えます。

家族世帯の引越しでは

p805403

夫婦や子供がいる世帯である家族が引越しをする時、その料金が一番気になります。荷物が多いためかなりの出費になってしまいますが、安い引越しをする方法もあります。

まずは捨てる物を予め決めておくことです。引越しをする時にはゴミがたくさん出てきます。そのため、見積もりの依頼をする前に自宅の整理をすることです。そうしますと、いらない物がたくさん出てきます。それらのほとんどが本やCD、DVD、着なくなった服などです。それらのほとんどはリサイクルショップに買い取ってもらうことができますので、この機会に全て引き取ってもらいますと引越しの荷物が減るだけでなくお金がもらえるため、少しだけ安い引越しができます。

また荷物を引越し業者の方で一時的に預かってもらうプランもあります。このプランを利用することですぐに必用でない物がある場合や狭い家に引越しをする時に業者へお願いする事によって一時的に荷物を預けてもらう事ができます。そのプランを利用する事によって好きな時に届けてもらえる事が最大の特徴です。

また大きな子供がいて人数が多い家族である時には、引越しの当日に荷物の搬出や搬入作業、梱包作業を手伝う事を引越し業者に伝えるだけで安い引越しができます。その理由としまして人件費を抑えることができるためです。そのため、自分たちで引越し業者が手配したトラックに荷物を搬出や搬入作業を行うことによってコストを抑えることができるため安い引越しができます。

このようにファミリーで引越しをする時には、プランを提案することによって安い引越しができる時があると言えます。

コメントは受け付けていません。