安い引っ越しはどうやれば良いの?

引越を行う際には、業者にお願いする方が多いと思います。その費用、少しでも安くしたいと思う方がほとんどではないでしょうか。引越業者を上手に利用することで、費用を抑えることもできます。では、その上手な利用方法をご紹介します。

まずは、繁忙期は避けるということ。とはいっても、転勤などの場合には期間が決まっているため、なかなかそうはいかないこともありますよね。実は、3月中旬から4月中旬は引越シーズン。そのため、この期間の料金はかなり高めに設定されています。可能であれば、この期間内であっても平日や仏滅、春休みをずらすことで費用を抑えることができます。

引越し料金を安くするコツとは?

t04
そして、1年中通して言えることは平日を利用すること。引越料金は、土曜日、日曜日、祝日は平日よりも料金が高めに設定されています。可能であれば、有給などを利用して平日に行いましょう。平日に行うことで、近所への騒音やエレベーター利用など迷惑を最小限に抑えることもできます。また、引越の時間帯もポイントとなってきます。引っ越しは、午前・午後と二つに分かれていますが、実は午後の方が料金は抑えることができます。

それは、午後の場合には正確な時間帯の約束ができないため。午前の引越が長引けば、その分遅くなってしまいます。費用を抑えたい、時間には余裕があるという方は、午後の引越を選ぶことでも費用を抑えることができます。このように、意外なことからも費用を抑えることができるということ。上手に利用して、引越費用を抑えてみてはいかがでしょうか。

全部を自分でやるのが一番の安くするコツであることには間違いはありません。でもレンタカーを借りたりするとやはり多少なりともお金は掛かってしまいます。荷物を梱包するのもかなりの時間を浪費することになりますし、忙しい人であれば事前に準備するのも難しかったりしますよね。まさにタイム・イズ・マネーかもしれません。

またお手伝いを頼むとお礼などをしてむしろ費用がかさんでしまうということもよく聞く話ですよね。それならばプロの業者に頼んでしまったほうが費用的にも時間的にも良いと思った人も多いでしょう。私も一度「おまかせパック」を使ってからというものもう、自分で梱包したりするのはあり得ないと思っています。もちろん多少の料金は多く掛かりますが、それ以上の満足度を感じるんじゃないのかと思います。

混載便って何?

5g8l
引っ越しを安くする方法のひとつとしてよく紹介されるのが混載便というもの。

これは一般的に引っ越しはトラックをチャーターして旧居から新居まで荷物を運ぶのがスタンダードなものとされていますが、対して混載便とは、他のお客さんの荷物と相乗りをさせる輸送手段ということになります。

単身者向けに単身パックと呼ばれるサービスがありますが、専用ボックスに荷物を詰め込んで輸送するもので、このサービスなどは混載便の輸送によるものです。トラックを利用する、鉄道貨物を利用するなどがあります。

市内の引越しであれば、この混載便というのは一般的ではなく、主に長距離引越しで用いられる輸送手段となります。A県とB県の間を混載便で輸送すれば、その部分に関する費用は「相乗りした人同士で割り勘になる」と考えてもらえばよいでしょう。

まずはデメリットから。

東京や大阪、札幌や福岡などの大都市間の引越しであれば、件数も多いと予想されますので荷物が足りないということはないでしょう。しかし、そうでない区間であれば、そもそも同じ区間の引越しがなければ、荷物が揃うまでに時間が掛かるということが挙げられます。

荷物が揃わないとどうなるのか? 揃うまで待ちます。これは当然ですよね。待たなければ混載便にならず、それは通常のチャーター便と同じことになって、業者からすれば利用者に対してまともな料金を請求しなければならないからです。

もっともあなたの引越しがあまり件数のなさそうな区間の引越しであれば、そもそも混載便はないという場合もあると思いますのでご注意ください。

もうひとつのデメリットは、荷物の積み替え作業が入るということです。たとえば横浜と広島の間を輸送する場合は、横浜と広島それぞれで、旧居から駅まで運ぶ、駅から新居まで運ぶという作業が入ります。まあ外国の航空旅客機のように荷物をたの国に運んでしまって紛失した!なんてことはありませんが、少なからず取り違えられるということは有り得るということです。それにその際に荷物に傷がつくこと可能性も高まりますので、大切なものを運ぶにはあまりオススメできないということになります。

以上が大きな混載便のリスクになりますが、ですからその分、安いということになりますね。これが唯一のメリットとなります。

何れにしても、あなたの引っ越し予定日にどの業者が安く請け負ってくれるのか?、これを知る方法はたったひとつ!

業者から見積もりを取って比べること意外に方法はありません。

コメントは受け付けていません。