自力での引越し経験を書きますね。

自力で引越をしようと思うときはどんなときでしょうか。わたしが自力で引越をしたのは親元を離れるときでした。このときは布団と服と机だけで、軽トラックでもあまる位の荷物量でした。 二度目は初めての一人暮らしから少し広めの部屋に引越しをした時で、ベットとタンス、ソファーが増えていましたが軽トラックで運べる量でした。 三度目はさすがに荷物量が多くて自力は無理と判断して初めて引越し業者に依頼しまし

続きを読む

一万円台で引越しするには

もちろん条件にもよります。家族が数人で生活家財がそこそこあって・・・というのであれば無理でしょう。この場合は諦めて下さい。 ですが単身の引越しであれば1万円台は十分に可能です! まずは引越し費用を少しでも安くする基本を 引っ越し費用を安く抑えるためには、まずは3月や月末・土日祝日といった引っ越し業者の繁忙期を避ける事が大切です。引っ越しのタイミングに融通がきくのなら、できるかぎり

続きを読む

安い引っ越しはどうやれば良いの?

引越を行う際には、業者にお願いする方が多いと思います。その費用、少しでも安くしたいと思う方がほとんどではないでしょうか。引越業者を上手に利用することで、費用を抑えることもできます。では、その上手な利用方法をご紹介します。 まずは、繁忙期は避けるということ。とはいっても、転勤などの場合には期間が決まっているため、なかなかそうはいかないこともありますよね。実は、3月中旬から4月中旬は引越シーズン

続きを読む

引越し業者の料金

引越にかかる費用・料金について 引越というと、気が重くなるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。更には、引越の際にはかなり出費がありますからね。出来ることなら、出費を抑えたいと思われる方がほとんどではないでしょうか。 乱暴に言うと、引越し作業をすべて自分で行うことが最も費用的には安くできます。ただ、それには限界がありますよね。昔の私達の学生時代のような少ない荷物であればリヤカーで下宿

続きを読む

引越しの距離と人数での料金の違い

近距離の引っ越しを安くするには? 引越しをする場合、荷物の量やエレベーターの有無、追加サービスによって料金が変わってきます。 少しでも安い引越しをしたい場合、便利屋を利用する方法があります。その方法を利用する事によって大きな荷物だけ運んでくれます。その時に注意をしなければならない点としまして、かなり大きな荷物の場合はトラックの容量がオーバーしてしまうため運べない可能性があったり、荷物が破損

続きを読む